エクササイズ

最強のビタミンCの効能

レモン

健康と美容に効果的

アスコルビン酸とは、水溶性のビタミンのひとつです。よく、天然のビタミンCと同じ意味合いで使われている場合がありますが、実際には合成された有機化合物のことを指します。食品の成分表示のなかで、「酸化防止剤」という表現とともに使われていますが、これからもわかるように、アスコルビン酸には高い抗酸化作用があるとされています。基本的にビタミンCは外から摂取しなければならない成分ですが、アスコルビン酸は自らが真っ先に酸化することで、周囲の成分の酸化を抑えるという還元作用があります。そのため、シミや日焼けの防止に効果があり、美肌、美髪、アンチエイジングといった美容作用があるとされています。それ以外にも毛細血管の柔軟性を高めたり、骨折時の骨の回復を促進したりする効能も確認されています。

いかに酸化させないか

健康や美容に効果があるとされるビタミンCですが、アスコルビン酸は食べ物などに含まれている天然のビタミンCとは異なります。そして、アスコルビン酸は空気に触れるとすぐに酸化してしまい、その状態のものを摂取しても無意味であるばかりか、かえって活性酸素を活発化させてしまうことになります。そのため、サプリメントなどの経口摂取によるものは、いかに酸化を防ぐ作用を考慮しているかどうかが重要になってきます。アスコルビン酸の酸化を防ぐ物質のひとつとして、ビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体は、肌に浸透してからアスコルビン酸をビタミンCに変化させる性質を持つもので、最近では多くのスキンケア化粧品に利用されています。